<< 教会が与えるもの、教会に与えるもの | main | グリーフケア 再考 >>
2009.09.23 Wednesday

関西のある集会に行ってみた

0
     最近、機会を捕まえては、あちこちのキリスト集会に

    出歩くことにしている。一つは、個人研究のフィールド

    スタディとして、より具体的には、参与観察と情報収集

    の一環として参加させてくださるキリスト集会があれば、

    できるだけ積極的に参加することにしている。

     というのは、訪問することで得られるものは、単なる

    伝聞情報、ヒアリングでは語りつくせない視覚情報の有

    効性と情報量の多さがあるからである。

     今回は、関東のキリスト集会のMさんという方が来ら

    れてメッセージをするということで、Mさんとはここ何

    年もお付き合いがあるので、その方が話すのを聞いてみ

    たいと思ったので、参加させてもらうことにした。

     夕方に行ったのと、地図を印刷していたのに、それを

    持参するのを忘れていたので、駅から5分くらいで、行

    けるところを、10分以上ついて、現地に到着。

     あるビルの一室で行われていた研究会に参加。20人も

    入れば満杯になるような会場であった。普段は、15人前

    後でお使いとのことであった。

    Mさんのお話は、感謝というテーマで、マグダラのマリア

    を巡るお話から、いろいろスピンアウトして出てきたお話

    しだった。個人的には、ちょっと論旨がずれている、と

    思う部分もないわけではなかったが、まぁ、おもしろかった。

    個人的には、弟子たちに言ったイエスの言葉がささってきた。

    「あなた方は、いつも貧しい人とともにいる。」この言葉の

    発見はかなり大きかった。お話を聞きながらも、このことの

    意味を考えていた。いまだに考えている。これは、もうしば

    らく考え、そして深めていきたい。

     おもしろかったのは、この集会は、お好きな方がいるよう

    なのだが、やたらとPA(放送・録音設備)が立派で、State

    of Art(最新の技術水準)のものが置いてあったことである。

    最近、集会施設を移設した関西のK集会もPAは立派であっ

    たがここのは、小規模でありながら、やたらと技術的にマニ

    アックな録音設備があったことである。

     普通の会社のオフィスのようなところを少しだけ手を入れて、

    そして集会所として工夫して使っておられた。そのため、0.5畳

    ほどの玄関で靴を脱ぎ、20人も靴を入れるといっぱいになるよ

    うなやや大きめのタンス状のシューズボックスの中に収納する

    様な形でカーペットじきの会場であった。

     後、結構立派なすわりごごちのいい椅子がいくつかあり、疲れ

    にくかったのがうれしかった。

     それ以外は普通のオフィスとあまり変わらない感じであり、場

    所がわかりにくかったが、それはそれで、キリスト集会の在り方を

    継承していると言えるように思う。ただ、入りにくかったのも事実

    であり、キリスト集会にとって、わかりやすさ、入りやすさという

    問題を少し考えた。最初の人にとっては、入りにくいだろうなぁ。

     それから、旧O集会(旧H集会)の関係者が結構おられることが多

    いことがわかり、このO集会がもたらしたもの、ということを

    考えざるを得なかった。O集会は、多くの信者を生みだした集会

    であるが、多くのスピンアウトを生み、多くの集会から離れざるを

    得なかった人々を作り出してしまったという面があるように思う。

    同じ関西にあったK集会が、多くの信者を生みだす中で、かなり特

    殊な信仰をもった方々を生みだしていったことを考えるときに、こ

    の関西の信仰の特殊性という問題を考える必要があるようにも思う。

    関東のキリスト集会の冷静さと関西のキリスト集会の情熱の一種の

    激しさの違いはどこに由来するものか、もう少し考えてみたい。

    個人的には、関東の信仰に近いので、関西の大会に参加すると時に

    違和感を覚えることがある。その意味で、関西にいながら、外部者

    としての目を持って、もう少しこの問題と取り組んでも見ようと思

    っている。

     


    コメント
    信者と教会との「スピンアウト」・・・面白い表現です。著者が経営学関係者だということが垣間見えますよね。
    • のっぞん
    • 2009.09.26 Saturday 17:45
    スピンアウトは、経営学だけで言うだけではなくて、メディア関係者なんかも使うようですよ。特に、アメリカのドラマ関係(Law and Orderなど)でいくつかいろんなスピンアウトという表現があるようです。

    ただ、実際の動きを表現するには、スピンアウトという表現をする方が一番適切からも知れません。このスピンアウトは昭和初期からあるようで、基督教カナン教団も、ブラザレンからのスピンアウトのようです。(メード・イン・ジャパンのキリスト教が情報源)
    • かわむかい
    • 2009.09.26 Saturday 19:07
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM