<< 日本のキリスト教会(キリスト集会)について考えた | main | 家のメタファーと教会 >>
2009.08.31 Monday

プラグマティズムを考える。

0
     
    のらくら者の日記というある牧師さんのブログがある。

    この記事がむちゃくちゃ面白い。


    http://seikouudoku-no-hibi.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-1cb7.html

    今回の選挙で、民主党がバカ勝ちした件に関して、であるが

    英国のブレア政権の成立、米国のオバマ政権の成立、日本の

    民主党政権の成立をみて、国民のプラグマティズムに基づく

    政権選択の結果ではないか、という視点で描かれていた。

    そうであることを期待したい。ただ、どうも、バカ負けした

    自民党総裁を選んでしまうような自民党的体質に、限界を

    感じたプラグマティズムかもしれない。まともなリーダーと

    なりそうな人たちを押しのけて、まともでない人たちが何ら

    かの思惑で選ばれることに対する意思表明だといいが、マス

    コミに踊らされていたのでは、という懸念も大いにあるよう

    に思う。

    北海道のM村さんとか、嫌いだけど、九州のK賀さんとか、

    まだ、まともな人が落ちているのには、ビックらこいた。

    本来、石川出身の元祖問題発言親父Mさんが総理をしたあ

    たりから、おかしいと思う。孫がアイドルか歌手をしてい

    る島根出身のT下さんは、どうかなぁ、と思う姿勢はあった

    が下品な問題発言はしなかったもの。

     日本が、民主主義の根本である対話と相互理解を重視して

    プラグマティズムを持ち、良識的な判断をする国民となった

    のだろうか。もう少し様子を見てみたい。

     


    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM