<< みんなが、本当にほしいもの | main | 持っている人と持っていない人 >>
2009.03.08 Sunday

ヨナ書2章から ヨナの祈りと私の聖書研究の方法

0

    ヨナ書2章
    2009年3月1日

    ヨナ書2章 その前におはなししておきたいことですが、ある方には、機械的な聖書の読み方(理知的な信仰、機械的な感じがする)というご意見を受けるかもしれませんが、今日もパワーポイントのスライドを使います。
    何故、スライドを使っているか?ですが、アメリカの教会にいったとき、スライドがあるだけで、話がずいぶんわかりやすかったという件家印があります。私自身お話しするとき、アイディアを整理するうえで便利だからということもあります。しかし、私は話すスピードが早いこととと内容的に、必要以上にボリュームを入れて、消化不良になりやすいのでスライドを使うと、生理がしやすいというのもあります。
    聖書のお話について、記載しているブログがあって、それに転載するでの、基礎資料となるのでということもあります。ブログの記事にするために、後は書き加えするだけでよいからということもあります。
    昔は手書きのメモを作成した上で、お話していましたが、今は手書きのメモのわかりに使っています。
    私の聖書の学びをする仕方ですが、基本、場所を決めてするほうが好きです、なぜか?というと
    以前は、結構あちこちをしていたのですが、テーマを決めないと、どうしても断片的な理解の寄せ集めになりやすく、まとまって、深く考えるということをしにくいという側面があります。一つの場所を決めてすることで、皆さんに体系的な知識を与えようとか大それたことを考えているわけではないのです。ただ、職業が教師なので、教師くさいのはご容赦いただければと思います。

     

     私が考える聖書理解とは知識の体系や断片の寄せ集めではなく、聖書を通して聖霊の示しにより、神から受けたこと、洞察といってもよいと思っています。決して、どっかのものの本のコピーではなく、オリジナルだと思います。
    私が準備する上で、まず、聖書だけ読んで骨格の理解を作ります。意外と、電車の中で、祈るというのか、聖書について考えていることが多いです。私にとって、祈ること、考えること、お話の準備することは実は全て礼拝だと思っていてあまり区別していません。
     聖書に言葉について、ちょっと特殊な解釈かなぁ、と思うところは、一応注解書でチェックをかけるけれども、一般的かなと思うところに関してはかけないことが多いです。

     ただ、若干こだわるとすれば、日本語の聖書で読んでわからないところは、かなりこだわって調べることもあります。英語の聖書だと、平行訳聖書というものがあり、ギリシア語と英語・ヘブル語と英語が並べて書かれている聖書を使って、引っかかることばを特定し、その語のほかの場所での用例を調べることがあります。例えば、このヨナ2章の場合だと、『誓い』・『救い』『聖なる宮』といった表現に引っかかりました。
     後、他の事例との対比を考えてみることも大事かもしれません。ヨナと範なの祈りを比較してみると、ヨナの祈りをかんがえてみると、ヨナが握りしめていたものは自分のライフスタイル・自分のしたいことだったわけです。選手はハンナの祈りをしましたが、ハンナの場合は子供を生むということでした。ヨナが手を開くきっかけは、暴風で難破して、死にそうになることで、ハンナの場合は長らく子供が与えられない状況だったわけです。ヨナも、ハンナも神の前に祈っていますが、2人とも、神の主権を認めているだとおもいます。
    ヨナが自分自身をどのように表現するか(証)
    クリスチャンと罪(クリスチャンでも神を避け、罪を犯す場合もある)
    不幸を通しても、聖書の言う神とであった船員達
    聖書における公正さ

    ヨナ書2章その前に
    罪や不信仰の結果としての災難
    私達はそう考えやすい
    罪を犯したから、災難が発生した
    必ずしもそうではない
    ヨナの場合はそう見える
    ヨナは確かに神を避けた
    船員達は?他の乗客は?

    ヨナ書2章その前に
    罪や不信仰の結果としての災難
    イエスも厳格に否定
    ヨハネ9章1-3節
    ユダヤ人にとっては、きわめて自然な考え方

    不幸には原因がある
    原因がある場合も、原因がない場合も
    ヨナ書2章その前に
    短絡的な思考の例
    われわれは、聖書にいう神を信じる
    したがって、神の祝福がある
    したがって、問題ない人生が過ごせる

    聖書が約束するのは、神との関係、永遠のいのちだけ
    最初の時代から、多くの迫害・不幸があった事実
    ヨナ書2章その前に
    不幸がおきるのは
    祈りが足らないから
    私達が不信仰だから
    私達が罪を犯しているから
    線路的な信仰の誤り
    単線に乗って、天国一直線という考え方
    徴(しるし)を求める信仰生活の危険性

    ヨナ書2章
    ヨナがしたこと(1節)
    「彼の神に祈った」

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM