<< 教会やめたい?(その5) 誰もが正しくない | main | 離れても好きなイエス またまた不謹慎系替え歌歌ってみた。 >>
2014.10.14 Tuesday

第3回ライトセミナーに行ってきた。前半

0
     冒頭、この読書会の世話人代表の小嶋先生から、

    来年にかけてライト元年になるのではないか。やっとSimply Christian が出版されるというところまできた。日本でライトが広く浸透するまでにかなり時間がかかっているが、翻訳書が出てくると変わるかもしれない。今回は、交流を主体にディスカッションを主体に行いたい。

    というご挨拶があった後、早速パネルディスカッションの1に移った。

    ライトの聖書理解、ってどう思う、座談会
     第一部は、パネルディスカッションというよりは、ライトについて何でもありの一般読者から見たNTライト座談会という感じのセッションであった。20代から30代の神学生の方と男性信徒とと女性信徒の方がパネラーとして話してくださった。

     まず、1999年ごろから読み始められた司会者の小嶋先生とライトとのかかわりのご説明があり、まだ日本であまり読んでいる人がなく、何となく、イメージ先行、評判先行という側面があるのではないか。ライトの聖書理解に関して誤解があるのでは。無理解がかなりあるのではないか、と問題提起された。
     
     以下のおまとめは、ざっとしたまとめなので、以下お読みいただく方は、読者の方はその点お含みおきいただきたい。

    ライトの名前を聞いたのは、いつ?そして、その印象は

     読書会のマクグラスのキリスト教神学入門を読む中で、史的イエスとサンダースとの関連で、ライトが言及されていたので知った、という方もおられましたし、NTライトのFacebook上の読書会で、面白そうなことをやっているなぁ、読書会の話が面白いと思って見ているとおっしゃる方もおられましたし、神学校で学んでいる中で、近年の義認論の修正の議論の中で知ったこと、従来語られている福音よりも、ライトの主張ははもっと広いのではないか、という印象を持っている、というお話がありました。

    ライトって、どんなイメージの人?

     司会の小嶋先生からは、「欧米のものを翻訳して用いられることは多いが、翻訳が普及し、人気が出るとマクグラスが典型的だが、一挙に著作がまとめて出る傾向がある。英米の神学者でも、翻訳されてない著者も多く、著作が日本語で翻訳されも日本で定着する人は少ない。そんな中での、ライトのイメージはどんな感じでしょうか」という問いかけがありました。

    パネラーのイメージ
     「組織神学のクラスで最近の英米系の神学者の議論を読んでいるが、影響力がすごくある人ではないかと思う。義認だけではなくて、聖書の見方を新しくして行こうとしているように感じる。そして、非常に幅広い人ではないか、と思う」というご発言もあった。

     「別の方からは、これまでキリスト者として持ってきた概念に揺さぶりをかける感じがある。聖書の主張だ、と思いこんでいることに対して、揺さぶりをかけられている感じがする。とはいうものの、普段教会で聴くメッセージとライトの主張は、そこまで大きく違うのか、というと、あんまり変わらない気もする」というご発言もあった。

     また、「ある方のライトの批評を読んだ印象からでしかないが、ある神学傾向に対して、ライトは聖書神学の立場から聖書から解釈をする場合、このあたりの整理が足らないんじゃないか、と指摘しているような気がする。あと、ライトさんは、特定の聖書理解はお好きではないなんだ、ということは伝わる。」と応答があった

    ライトの聖書理解の印象ってどんなの?
    ポイントって何?

     司会の方から、「ライトの聖書理解は、信用していいのか。ここがポイントではないか。というあたりでどう感じておられますか、義認論以外の部分で、どこがポイントだとおもいますか。ライトの聖書理解はこんな感じではないかというあたりについてはどう考えておられますか」という発題があった。

    パネラーのイメージ
     ある方から、「聖書が神のことばという時に、神が示したという側面と、人が書いたという側面があり、その両方を持って聖書を見ているような印象がある。ライトは、(リベラル派の方が否定する)復活の際に、肉体の復活や、超自然的なことも重視し、否定しているわけではない。新約聖書を読んでいく時に、中間時代を重視しており、当時のユダヤ教にこだわっている感じがある。Simply Christianの中に現れた天と地の理解などは、あまり考えたことがなかった。天と地が一つになることが新約聖書に示されているという指摘は非常に印象的であるが、その様な理解にいまだ十分に批判的になれてない」というご発言があった。

     別の方からは、「所謂無誤性、無謬性には、あまり触れておらず、むしろ、聖書の全体像のナラティブを重視している印象がある。特定の聖書理解では、この世界をネガティブにみる傾向があり、この世界についての神のみこころの実現という側面が抜けやすいのをストップさせてくれるという側面がある、という印象を持っている」というご発言もあった。

     また別の方からは、「現在消化できていないのは、サンダースの言ったような理解をどうとらえるのか、というあたり。契約の民とユダヤ教文書と新約聖書との取り扱いをどうしたらいいのか、というあたりがよくわからない。サンダースについては、自分としては、少し警戒する部分もゼロではない。NTライトの議論は、すごく参考になると思いつつ、ちょっとだけ警戒心を持っている感じ」という主旨のご発言もあった。

    NTライトに直接聞いてみたいことは?

     司会者から「ライトがいたら、これを聞きたいとかいうことはどんなものがありますか。あるいは、ライトの本が来年にかけて、出版されるのだが、これをもっと知りたい、といったことはどんなもの?」という発題があった。

    パネラーからの質問

     ある方は、「NTライトは、いろんなことに対して書いていて、いろんなことを書きたい人であることはわかるのだが、ライトにとって何が中心テーマか、ということが聞いてみたいかな?ライト自身の歩みを知りたい。」というお話しがあった。別の方からは、「聖書をどうとらえているのか。聖書論でしょうが聞いてみたいかなぁ。刑罰代償説について、実際そこを聞いてみたい。」というご発言があり、また別の方からは「まず、日本語で読みたい。地に住みながら神の前に誠実に生きる、という生き方について、もっと知りたい。この地の生き方と、将来の永遠のいのちとの連続性について聞いてみたい」という話が出ていた。

     司会者の小嶋先生から、「フロアからの感想や疑問について、お聞きする前に、ライトの自叙伝はないが、自伝的な文書がNTWright.comにあり、カナダにいたころ、世界観的アプローチをするようになり、この世を大事にしようと主張し始めている。ライトは、自分のことを講演などでは、結構しゃべっている印象がある」と応答があった。

    フロアからのご発言要旨
     ある牧師の方から「史的イエス研究では、シュバイツァーが有名であるが、ライトは、その人たちとも対話しようとしている雰囲気がある。聖書を読んでいく時、イエスの主張の中には、王として、イスラエルの王としての側面があるが、これは政治的なメッセージでもあった。イエスはこの地上で、内側から変えていくのかということを説かれた方ではないか。しかし、あるグループでの伝統的なキリスト者理解は、この世にたして預言者的、批判的な立場をとるように教えられてきたが、それ以外の立場の取り方があり得るかもしれないと思うようになっている」というご発言があった。

     このご発言に対して、小嶋先生からは、「パウロと史的イエスがN.T.ライトにとっての大きなテーマであるとおもう。The New Testament and the People of Godの後に、イエスと神の勝利などがあり、キリスト教と政治の問題を扱っている。政治とキリスト教は分離しているのはまずいのではないか、と思っている節がある。」という趣旨のご発言があった。

     別の方からは、「ライトを一読者として見ていると、ストーリーやものがたり、Narrativeという要素が強くあると思う。これまで、信仰のみ、といった時に、神の国の関与という側面、特に行いと信仰の一体化というような部分が意識されてないのではないか?とライトが主張している印象がある。」というようなご発言があった。

     また別の方からは、N.T.ライトという存在を教義学者だろうか、聖書学者と捉えるのが良いのだろうか。」という問いもあった。
     この問に対して、司会の小嶋先生から「新約聖書学者といえよう。史的イエスとパウロ研究では指導的学者であると同時に、教会人でもあり、キリスト教界の指導者としての側面もある。さらに、専門書を書く教師・学者でもあるが、一般向け著書も多い。現代の脱キリスト教化しつつあるヨーロッパをもう一度、キリスト教の世界に引き寄せようとする印象がある」という応答があった。

     というあたりが、第1部のおまとめです。第2部については、もうちょっとしてから公開します。

     ネ、面白そうでしょ。はしょった部分もかなりあるので、それは参加しないと、わかんないかも、です。ぜひ、次回は時間が許せばご参加いただきたく。






    価格: ¥5,840
    ショップ: 楽天ブックス
    コメント:買ったけど、睡眠導入剤になっている。字が小さい、分厚い、重い。日本語訳が出ると嬉しいなぁ。

    評価:
    価格: ¥3,248
    ショップ: 楽天ブックス
    コメント:割と読みやすかった気がする。The New Testament and People of Godに比べての話しであるが。キリスト者とはどういう存在か、ということを示した本。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM