<< 大爆笑したこと | main | 神の主権と人間の意志 ヨナ書1章から >>
2009.01.07 Wednesday

人生を幸せにするもの

0

    今回は、人生を幸せにするものというテーマでお話をしました。

     

    最初に28Daysというサンドラ・ブロック主演の映画を使ってお話をすることにしていたので、28Daysという映画のあらすじをまず説明しました。

     

    この映画は、アルコール中毒になった女性が回復する映画で、主人公の女性は、かなりのアルコール中毒で、ぼやを出したり、ムチャクチャなことをしてすごしている女性の話です。この女性は、
    アルコール中毒の上に、姉の結婚式で泥酔して、結婚式用のケーキを台無しにして結婚式用のリムジンを泥酔したまま運転し、他人の家に突っ込みます。この事故に関する裁判の結果、28日間の中毒患者用のリハビリ施設での治療を受けることになり、そのリハビリの間の変化についての映画です。
     このアルコール中毒患者の女性は、生活はアルコール中毒の結果、混乱しているけれども、明るく人気がある女性で、この女性には婚約者がいて、婚約者がリハビリ施設でプロポーズをするシーンからお話することにしていたので、そのシーンについて、まず、解説しました。
     このシーンの段階では、アルコール中毒の女性は、回復の過程の中で、正常に戻りつつある状況です。そして、このシーンの中で、人生のありかたについて、2人が語っています。
     この2人の人生の見方は大変対照的なもので、男性側(アルコール中毒患者のフィアンセ)は刹那的、人生には特定の目的はない、とする生き方で、その場、楽しいこと、おしゃれなことの連続として維持しようとする生き方で、ルールは関係ないとする生き方です。人生の楽しい期間は短いし、その期間を楽しむことが重要だといっています。
     女性側(アルコール中毒患者のほう)は刹那的な生き方が正しいとは、必ずしも限らないということを思い始めていて、普通に生きることの意味を考えようとしているように変わりました。そして、普通に人生を積み重ねていくことに価値がある可能性があることを考えようとしている状況です。

     たしかに、元々、この女性も、婚約者と同様に考えていたが、セラピーの中で、変化していくその状況が対照的に表されています。注目すべきは、男性の人生が人生の空しさを忘れるためにどうしようとしているかです。


     注目すべきは、男性の人生が人生の空しさを忘れるためにどうしようとしているかで、オリジナルの英文では、(人生という)ゲームのポイントは、人生の苦痛をどのようにして最小にすることができるかだ、といっています。


     この対話の中で、男性は人生の痛みを和らげるためにアルコールや薬物で満たしてもいいし、人生は幸せ(Happy)ではないといっています。これに対し、サンドラブロックが演じる女性は人生の痛みを受け入れ、人生を普通のあり方で満たすことが幸せ(Happy)といっています。

     


     もちろん、この2人とも人は幸せでありたいとおもい、人生には何か価値があるはず、人生には何か目的があるはず、と思っているのです。私達もそうでしょう。しかし、現実を見ていても、答えが出ないのです。その結果苦しみ、もがき、悩むことになります。そして、現実的な解決策を現実の中に見出そうとすることもあります。
     確かに、幸せのあり方は人により異なります。映画の中で触れられていたように幸福感を与えるものは、人により異なることは確かです。小学生にとっては、ポケモンカードだったり、珍しいコインなどの場合もあるでしょう。若い人だと、贅沢な生活スタイルや必要なことが満たされることかも知れません。


    ところで、イエスはなんと言っているのでしょうか。
    ルカ12章16-31節をご覧下さい。

     

    ここでは、金銭的な豊かさ、という事で捕らえているが、これは他のことでも同じことです。この地上で満たすことができるのは、いずれにせよ、一時的なものでしかなく、人生を満たす方法としては、永続的なもので満たすべき、ということをイエスは指摘しています。

    ここで、イエスは神の国といっていますが、イエスの言う神の国とは、神とともに生きることです。もう少し解説すると、神がいるということを認め、神の存在を確信し、神の存在と関与が個人的に必要不可欠なものとして受け止めることです。
    人生を幸せにするためのものとされていることのなかに、楽しい、と思えることだと答える人があるかもしれません。また、映画の中の男性のように人生の鎮痛剤だという人もいるでしょう。しかし、その鎮痛剤が人生を破滅に招くこともあります。アルコール・タバコ(薬物)などはその代表例です。以前は、麻薬などの薬物対策に水際作戦が有効だったが、最近はちょっと疑問となっています。まさか、こんな時代が日本に来るとは思いませんでしたが、最近は大学生にまで広がっています。また、痛みそのものが、鎮痛剤となることもあります。

     さて、皆さんは人生を幸せにするものはどのようなものだと思われますか?

    人生の鎮痛剤でしょうか?聖書のいう神の国?でしょうか。その選択と決断は皆さんお一人お一人にしかできません。是非、本当に皆さんの人生を幸せにするものを選んでください。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM