<< 続 教会学校におちいさい皆さんが減った理由(人間関係編) その5 | main | 続 教会学校におちいさい皆さんが減った理由(人間関係編) その7(最終回・完結編) >>
2014.09.18 Thursday

続 教会学校におちいさい皆さんが減った理由(人間関係編) その6

0
     これまで、ソーシャルネットワークや、人間関係ネットワークの基礎を見て、伝道とネットワークとのかかわりを触れ、子供のソーシャル・ネットワーク構築の場所としての都市空間とのかかわりなどに触れ、前回は、日本のお小さい方々の中での、キリスト者家庭のお小さい方々のソーシャルネットワークの脆弱性についても触れた。そして、前回の記事では、アメリカ社会における教会がソーシャルネットワークとして脆弱になっていること、そして、個人的の社会ネットワーク状況や能力を無視した伝道を求めることや、生育過程の友人関係の中での制限とお小さい方の交友関係の制約がもたらすものを触れた。

    続 教会学校におちいさい皆さんが減った理由(人間関係編) その1

    続 教会学校におちいさい皆さんが減った理由(人間関係編) その2

    続 教会学校におちいさい皆さんが減った理由(人間関係編) その3

    続 教会学校におちいさい皆さんが減った理由(人間関係編) その4

    続 教会学校におちいさい皆さんが減った理由(人間関係編) その5



    子供たちには無理ゲーにみえるかも

     前回軽く指摘しておいたが、「教会外の友達はあまり・・・」と言われる一方で、「あなたはイエス様を信じる子供なのだから、他の子供と同じようにしてはいけない」と言われつづけ、「(塾や習い事やスポーツクラブなどで現代のお小さい方々にとって割と少ない遊ぶ機会となっている)日曜日には教会に行きなさい」という形で地域の子供コミュニティからは一方で切断されつつ、出木杉型ノードとなる(子供たちの幅広いネットワークから比較的人間関係が切り離された存在(ノード)となる)ことを求められつつもも、「お友達を教会に誘いなさい」と言われたところで、「そもそも論として、人間関係を作る時間でもある日曜日に拘束されているために、このお小さい方の周辺のお小さい方々の中での幅広い人間関係が薄いのに、どうやって誘うのだ。」という疑問がミーちゃんはーちゃんの中にいま渦巻いている。

    日曜学校は、信仰者の伝道訓練の場所ではないかも

     仮に、親のことばに素直に従って、誘った他のお小さい方々から「何が面白いの?」と聞かれて、自信をもって、「こう面白い」、「こんなメリットがある」と答えられるお小さい方って何人くらいいるのでしょうか。あるいは、日曜学校、教会学校に、一流のストリーテラーをご用意されて、お小さい皆さんをお迎えされている教会がどの程度あるのでしょうか。もちろん、これらのことをご配慮されている教会は多いでしょう。

     しかし、その一方で、信徒訓練の場、信仰を以て間もない方のOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)的な伝道体験の場として日曜学校が用いられているのも確か。自分でもわけわからずにしゃべる人たちの話を聞いて、お小さい方々が面白い(突っ込みどころ満載という意味では、おもしろがれるかも)と思うかもしれない。下手をすると、長年教会学校に通い続けている教会学校の生徒さんの方が、聖書の雑学や人物には信仰をもって間もない人たちよりもはるかに詳しいことの方が多いのもこれまた現実ではないでしょうか。その場合、長年教会学校にいる教会学校のベテランのお小さい方々たちは、罰ゲームとして聞かされている感覚になるだろうし、「まぁ、しょうがない聞いてやるか」的な感覚をお小さい方々が持つことを、だれが責められよう。


    Jim Henson's Story Teller



    「子供たちを私のところに来させないさい」と
    宣もうたイエスに叱られた弟子の一人として

     これは逆切れして申し上げているのではなくて、子供たちにとって、面白い、メリットがある、行ってみたいと思わせるものが、お小さい方々がアイスブレーカーが用いられ(ベネッセの『とらじろう』のような鉄板キャラなどが存在する形)、お小さい方々たちに理解されやすい形で語るべきことを私自身は語りきれていないように思うのです。それは私の能力不足が多分にして影響しているとは思いますが。もちろん、私もキリスト教徒のはしくれに入れてもらっているとは思いますので、「キリストのことばに力がある」、とは思っておりますし、「子どもたちを許してやりなさい。邪魔をしないでわたしのところに来させなさい。」というイエスのことばは知ってはおりますが、それが実践できているかは別問題。

     時々お伺いするお話しやら、御相談の中に、キリスト教会の一部には、自分たちの保とうとしているものや、自分たちがなしているものが聖であることをあまりに重要であると評価しているなどの理由が存在するがために、結果として、「お小さい方々を(来させることを)邪魔している」かに見える教会もないわけではないのがなぁ、と思わざるを得ない実例を拝聴することがございます。つまり、子供との広い意味での緩やかな連携やつながりや信頼関係を構成するものを、信仰者としての大人がもちえていないのにもかかわらず、教会の信徒さんや牧師さんのお家のお小さい方々のみに、教会のことをあまりご存知ないお小さい方々との緩やかな連携をもつことを期待するのは、いかがかと思うのですが。

    緩やかな連携や信頼関係は
    何かの共有がきっかけで生まれるかも

     数年前、小中学生向けのキャンプに参加したときに、お茶らけで「紅の豚」で主題歌として使われた「ときには昔の話をしよう」という歌の替え歌リンクはコチラ)を御紹介したのですが、お小さい皆さま方には、結構受けていただきました。そして、子供たちがその曲に反応しているのを見て、その場におられた何人かの引率者の方々は、大変驚いておられました。つまり、私(当時50前)とその場にいたお小さい方々たちとの結びつきが生まれ、私が用いたアイスブレーカーが世俗のアニメである「紅の豚」の主題歌で、お小さい方々と私の距離が一瞬にして短縮されたことに驚いておられました。


    加藤登紀子嬢が歌う「時には昔の話をしよう」

     なお、ミーちゃんはーちゃんは、「飛ばない豚はただの豚だ」の名言通り、ただの豚である。


    紅の豚の予告編 最後に「飛べない豚・・・」の名言が出てくる

     FB 上の友人のナベさんという方がお知り合いの女性信徒が、飼っておられる愛犬を通してお小さい方々たちとのゆるやかな連携・信頼関係を図っている例を教えてくださったが、それも一つのゆるやかな連携・信頼関係の作り方だと思う。緩やかな信頼関係を構築するために用いるものは、野球でもいいし、美少女アニメだろうが、ジョジョのようなアニメでもいいし、プラレールでも、ゲームでもなんでもいいとは思うのだなぁ。

    多極化する中での

    ゆるやかな連携・信頼関係構成の困難さ

     しかし、田中明彦先生が、「新しい中世」で御指摘のように、現代の関心分野が多様化し、多極化し、その中で社会的ネットワークが構築されているような現代社会の中にあって、一つの教会がすべての人に対して、すべての分野をまんべんなくカバーするようなゆるやかな連携・信頼関係を校正するための共通の何かが存在したり、また、それをすべて一つの教会で保有することは困難であることも確かであるし、持つ必要もないであろう、とは思う。それは、多様な教会群全体として提供していければいいのではないか、とミーちゃんはーちゃんは考えている。何でもかんでも自分ところの教会で、というのは無理になっているのだと思う。

     しかし、お小さい方々だけでなく大人であっても、これらのゆるやかな連携・信頼関係の基礎となる共通の何かは、ある人と他の人の間の氷の壁をぶち破り、話し手と聞き手の間にある心理的な壁を破壊する強力なアイスブレイカ―となると思うのだ。ただ、特定の対象(たとえば特定のゲームとかマンガとか、美少女アニメとか)に敵意を教会が向けた瞬間、そういう関心を持つ人たちのゆるやかな連携・信頼関係の構築は極めて困難になるのではないかなぁ。


    ダブルバインド、ってきつくないすか?
     ところで、キリスト者のご家庭では、ご両親は、一方で、ブレーキを全力でかけながら、もう一方で、伝道ということで、適当にお小さい方々を焚きつけ、アクセルを吹かす、という非常に矛盾した立場(世にダブル・バインドというらしい)をお小さい皆様に押し付けていないだろうか。それで、ダブル・バインドを押しつけられたお小さい皆さん方が嬉々として教会に来たり、教会にお小さい皆さん方が増えるとすれば、それこそ、神の介在、神の支配がその教会におありになる、としかいい得ないように思うのだが、違うかなぁ。


     次回最終回へと続く



    評価:
    価格: ¥649
    ショップ: ブックオフオンライン楽天市場店
    コメント:よいよ。現代のネットワーク化した社会とそこで生きる人間理解にとっては重要かもしれない。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM