<< 『愛』をめぐる一断章(3・おまけ)永遠の愛のハイパーインフレ | main | 反知性的なキリスト者はあり得るか・・・我らがキリストとするもの >>
2014.04.16 Wednesday

神とともに生きてこそ May J.の生きてこそを聞きながら・・・

0
     「前回の記事で、さんざっぱら、JPOPをディスっておいて、それでJPOPで替え歌ですかい?」というご批判は甘んじて受ける。しかし、JPOPが一般の皆さまに好まれるのであれば、マキャベリストのミーちゃんはーちゃんとしては、それで神の福音を語ってもよいのではないか。よいものは良い、うまいもんはうまい、と思うのである。

     先日、May J.というおねーちゃん(ファンの方。いやぁ、失敬、失敬)の曲がNHKのMJという番組で流れた。「生きてこそ」という曲である。どうも元歌は、Kiroroのものらしい。

     Youtubeを確認したところ、これ、ほぼそのままで、讃美歌になりそうだったので、替え歌(本歌取り、日本の素晴らしき伝統。なんて素敵にジャパネスク。ちなみに、コピペじゃないよ。)にすることにいたした。(May J.とKiroroファンの方にはスマソ)お茶らけ讃美歌もどきはいっぱいあるのだが、今回は受難週にふさわしい、少ししっとりしたものを選ぶことにした。

    原曲のPVは、こちら(Kiroro バージョンのベトナムを背景としたこっちのほうがMayJのPVよりは、よいと思う。ベトナム戦争の悲惨を思い起しながら、この曲を聞くと、余計に感慨深い。このPVのProducerさんは、それを知ってベトナムで撮影したのだろうか)。





    聞いてください。

    アバとともにいきてこそ (替え歌はミーちゃんはーちゃんによる。)

    ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡


        主よ私が生まれた日の 空はどんな色
        アバ私が生まれた日の 世界はどうだった?

        あれから言葉を覚えて 私なりの
        愛も愛され方も  身体にしみこんだ

        生きてこそ 生きてこそ 今ここから始まる
        生きてこそ 生きてこそ 広がってまたつながる

        主よ私を初めて見る   気持ちはどうだった?
        アバ私が生まれた日は  平和だった?

        あれからキセキを重ねて… 私なりの
        神(あなた)との生き方も 育てていきたい


        生きてこそ 生きてこそ 
        無限に羽ばたいていく愛(カリダアデ)
        生きてこそ 生きてこそ その根は 深く 太く 強く

        生きてこそ 生きてこそ 今ここから始まる
        生きてこそ 生きてこそ 広がってまたつながる

        生きてこそ 生きてこそ
        無限に羽ばたいていく愛(カリダアデ)
        生きてこそ 生きてこそ その根は 深く 太く 強く

        その根は 深く 太く 強く

        ah- 羽ばたいて
        生きてこそ

    ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

     これは元歌では、父母との関係で書かれているが、父母と子供との愛は、本来、人間にとって、神との関係、すなわち、カリダアデ、御大切の不完全な表れでもある。それゆえ、神との関係、すなわち、カリダアデ、あるいは御大切として、この歌の意味をとらえなおしたうえで、替え歌讃美歌としてミーちゃんはーちゃんは紹介したい。

     この替え歌の背景には、ヨハネ福音書3章にある、ニコデモとイエスとの対話がある。受難週であるがゆえに、もう一度、この箇所を読まれて、そして、もう一度替え歌をお考えいただければ、幸甚に存じ候わめ。

     なお、ヨハネ3章前半は、ニコデモがイエスと頓珍漢な対話をしているのではなく、Jedi同士の真剣勝負のような真剣勝負をしているに感じがあると思うんだけど、そういう聖書理解を聞かせてくださる方がほとんどいないので、多分、頭の悪いミーちゃんはーちゃんが勘違いしているのだろうと思う。個人的には、ヨハネ3章16節より、その前のニコデモとの対話の部分の方がよほど大切だと思うが、そんなこと言ったら、また苦情が来るかなぁ。苦情は構わないんですが、無知蒙昧の徒のミーちゃんはーちゃんをきちんと啓蒙していただくように噛んで含めるように、ご教示賜わり度存じ候。

     なお、この替え歌讃美歌に歌われた内容の背景をより深く知るには、以下に示す本を是非お読みいただきたい。





    評価:
    ヘンリ・ナウエン
    あめんどう
    ¥ 2,160
    (2003-05-20)
    コメント:言葉がない。読んでもらいたい。

    評価:
    H.J.M.(ヘンリ・J・M) ナーウェン,太田和 功一
    あめんどう
    ¥ 1,944
    (1997-09-20)
    コメント:大絶賛!息苦しい信仰生活を送ってきたすべてのキリスト者に。神とともに、神にあって人とともに生きる意味を考えさせる書。

    評価:
    ヘンリ・ナウエン
    あめんどう
    ---
    (1999-11-18)
    コメント:大絶賛。問・答・無・用。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM