<< 福音派が生まれたころの世界むかし話(4) | main | 福音派が生まれたころの世界むかし話(5) >>
2013.03.20 Wednesday

キリスト教界自虐ネタ 第2弾 キリスト教会冬景色

0
     ここのところ、濃いガチネタが続いているので、国民の祝日にふさわしい、軽いネタをお一つ。本来、ミーちゃんはーちゃんは、こっちのおふざけモードの方が好き。本来、こっちの方の人ですから。 水谷先生に紹介されてしまって、アクセス数急増中ですし。ありがとうございます。水谷先生。

     しかし、福音派教会史などのガチネタは、きちんとした教会史を勉強された教会の牧師先生にしていただきたいなぁ。ほんとは。

     キリスト教界自虐ネタシリーズの『閉鎖教会から』(『北の宿から』の替え歌)がどうも一部の方に受けたようなので、お銚子モン(クマモン族、クマモン科、オチョウシモン)のミーちゃんはーちゃんとしては、シリーズ化決定しました。そこで、第2弾。キリスト教界冬景色を3部作をうなってみようかと。

     元歌は、かの有名な、阿久悠先生作詞、三木たかし先生作曲、石川小百合嬢の歌唱で有名になった、津軽海峡冬景色。その替え歌で、キリスト教会関連冬景色(三部作)。非礼の段はお許しあれ。ま、お笑いですから。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    キリスト教会 冬景色


    三鷹行きの普通列車 おりた時から
    新宿駅は 雪の中
    家へ帰る人の群れは 誰も無口で
    iPhoneだけを いじっている
    私はひとり 説教台に乗り
    こごえそうな会衆見つめ
    話していました
    ああ キリスト教会 冬景色


    ごらんあれが説教者 人のはずれと
    見知らぬ人が 指をさす
    涙でくもる眼鏡のガラス ふいてみたけど
    はるかにかすみ 見えるだけ
    さよなら教会 私は帰ります
    讃美の音が胸をゆする
    泣けとばかりに
    ああ キリスト教会 冬景色


    さよなら教会 私は帰ります
    讃美の音が胸をゆする
    泣けとばかりに
    ああ キリスト教会 冬景色


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    路傍伝道 冬景色


    千葉行きの普通列車 おりた時から
    東京駅は 雪の中
    家へ帰る人の群れは 誰も無口で
    アナウンスだけを きいている
    私もひとり ビールケースに乗り
    こごえそうなスズメ見つめ
    話していました
    ああ 路傍伝道 冬景色


    ごらんあれが説教者 人のはずれと
    見知らぬ人が 指をさす
    息でくもる眼鏡のガラス ふいてみたけど
    はるかにかすみ 見えるだけ
    さよなら先輩 私は帰ります
    風の音が胸をゆする
    泣けとばかりに
    ああ 路傍伝道 冬景色


    さよなら先輩 私は帰ります
    風の音が胸をゆする
    泣けとばかりに
    ああ 路傍伝道 冬景色


     なお、このとき、とり残された先輩の行方は現在もなお捜索中である。(冗談です)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    キリスト教界 冬景色


    地獄行きの普通列車 おりた時から
    天国行きは 霧の中
    教会を去る人の群れは 誰も無口で
    讃美歌だけが ながれてる
    私もひとり 講演台に乗り
    おびえ切ったわかもの 見つめ
    話していました
    ああ キリスト教界 冬景色


    ごらんあれが”いのフェス”よ 恥さらしと
    知ってる牧師が 指をさす
    涙でくもる眼鏡のガラス ふいてみたけど
    はるかにかすみ 見えるだけ
    それでも神よ 私は信じます
    福音は 胸をゆする
    生きよ とばかりに

    ああ キリスト教界 冬景色


    それでも神よ 私は思います
    福音は 心揺する
    神の宣言

    ああ キリスト教界 冬景色

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     不敬だといわれるなら言われよ。もちろん事実とはずいぶん違うだろう。

     カリカルチュアやデフォルメが過ぎるといわれるかもしれない。その批判は喜んでお受けしよう。

     しかし、上の歌には、一片の真実が含まれていないかな。考えてもらえばうれしいぞ、とミーちゃんはーちゃんは思うぞ。

     そして、こんなバカな歌を歌いながら、ガハハ、ウシッシと生きる楽しい生き方も楽しいのではないかな。恨みつらみでウジウジするよりも、よほど健康的ではないかな。たぶん。

     下記に示す悪役キャラの生き方(http://2chcopipe.com/archives/51483285.html)を極めようとしているミーちゃんはーちゃんは、特にそう思うぞ。

    悪役の特徴
    1 大きな夢、野望を抱いている
    2 目標達成のため、研究開発を怠らない
    3 日々努力を重ね、夢に向かって手を尽している
    4 失敗してもへこたれない
    5 組織で行動する
    6 よく笑う

     ところで、悪役キャラだからこそ、つまり、あなたが神に対する欠けがある(罪)があるゆえに、あなたはメシア(キリスト)を必要とする(医者を必要とするのは、健康な人ではありません。一人の神を何とも思わない悪人が神のもとに立ち返る(ナウエンの言い方では、恐怖の家から愛の家に入る)時、神の国に大きな喜びがある)とナザレのイエスもいっておられるような気もする。

     とはいえ、まぁ、意図的に悪ぶったり、過去の悪を誇ったり、犯罪に手を染めようなんてことはミーちゃんはーちゃんは思わないけどね。そりゃ。

     あ、知っている人は知っている、あの人のことかも、と思っておられるかもしれませんが、3番目キリスト教界冬景色は、ある特定のモデルのような人がいるかもしれませんが、その人だけをモデルにした歌ではありません。いのフェス実行委員会のメンバーの体験を寄せ集めたものではないかもしれませんし、そうかもしれません。wwww

     (ローラ風で)えっとねぇ〜、みんなも〜、いろんなものの冬景色つくってあそんでみよーねー。おっけ〜?高校生活冬景色、下宿生活冬景色、恋人ほしい病冬景色、マック生活冬景色、電脳書籍冬景色、伝道書籍冬景色とか作って遊んでみよう。じゃね〜。






    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM