<< Hattoriさんに大賛成一票。 | main | この本は素晴らしい >>
2009.06.05 Friday

ビリー・グラハムへの違和感の原因が分かった!

0
    ビリーグラハムへの違和感の原因が分かった。確かに

    多くの人を救いに導いた、ということは評価されて

    しかるべきだが、やや違和感があった人物に、あの

    雰囲気を持つ説教に違和感があったのだが、何だろ

    うと思っていた。晴耕雨読の日々というブログを読

    んでわかった。

    毎日読んでいるブログ

     

     晴耕雨読の日々 

     

    にHATTORIさんという方が、書いていたバルトのビリー・グラハム評。

     

    そうか、違和感がそこにあったんだ、ということをミョウに得心。

     

    バルトは、ビリー・グラハムについて、露骨に

     

    「あれは、脅迫 です。」 

     

    と見抜いているようです。なるほど。脅迫ねぇ。そうだわなぁ。恐怖心を

     

    煽って、救いに導くというのは、救われれば、それでよしとする人たちは

     

    それを伝道と呼ぶかもしれないが、世間様では、そう、それを 脅迫

     

    と呼ぶというのは、通常の健康な批判精神を持った人のバランスの取

     

    れた感覚ではなかろーか。

     

    福音を語る と称して、脅迫となっていないかどうか、自分自身

     

    チェックしないと。脅迫と化した福音を語ることは、カルトへの

     

    道だと思う。天国をえさに福音を語るのは、目的の手段化だとおもいます。


    目的の手段化同様、恐ろしい。

     

    気をつけないと。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM