<< お寺の伝道 | main | 教会用語の共通理解の程度について >>
2012.04.14 Saturday

説教者と会衆

0
     ミーちゃんはーちゃんは、学校というところでお話しするのが本業なので、その時には、実習を混ぜたり、試験やレポートを出させたりするので、自分が教えたことの定着度や、どのあたりが、うまくいっていないのか、理解が進んでいないのかを把握することを日常的に試みている。

     今通っている(というよりは、メインの活動の場としてきた)教会では、日曜日には、かなりの頻度で講壇からしゃべっている。しかし、どの程度、伝わったのかなぁ、ということがかなり分かりにくい場合が多い。参加者の方に、聞きまくるわけにはいかないので。お話終了後に雑談したり、信者さん同士の雑談をスパイするように聞く中で、軽くモニターする程度しかできない。

     両者の違いは、何か、というと、相手の反応が見えやすい(学校)と相手の反応がつかみにくい(教会)が一番の違いである。次が、相手の前提条件や知識レベルのをある程度想定できる(学校 とはいえ、最近は、かなり怪しくなってきたのでつらい)と話す相手についての条件設定がしにくい(信者さん対象の場合はある程度できるが)ということであろうか。

     先日のある市の総合計画審議会の専門部会に参加させてもらったときに、行政と市民との対応の関係になったのであるが、今、社会の潮流として、市民の側で求められているのは、市民の要望に合わせてサービスが提供されることではないか、という話になった。

     市役所の中には、いろんな多様な政策メニューがいろいろあるのであるが、社会から役所に求められるのは、多様なメニューの中から、適切なものをパッケージにしてくれるあり方ではないかなぁ、というお話になった。

     今の行政の方法論は、行政に申請する側が全部、申請書をいちいち書いて必要なものをそろえて初めて、まともなサービスを受けられる、ということになっている、ということをその場におられた社会福祉の専門家がおっしゃっておられた。その話を聞きながら、じゃ、行政は、いうなれば、定食屋やファミレスでもなく、一膳飯屋方式でとりあえずありとあらゆるメニューだけはそろっているが、それを自分で取りに行くようになっていて、隅っこのほうに隠されておかれているようなおいしい話を見つけられなければ、結局サービスを受けられないようになっている、という話か、と聞いたら、その社会福祉がご専門の先生がうまいことを言う、とほめてくださった。

     でお調子者のミーちゃんはーちゃんなので、調子に乗って、「じゃ、市民が求めているのは、市民の顔を見て雑談しながら、パッと必要なものを出してくれる寿司屋のオヤジですか?」と言ったら、大受けしてしまった。

     ところで、行政の側で所在を把握できていない就学児童生徒が1000人超のレベルで出ているというニュースが昨日か何か流れていたが(数えているだけ偉い。数えるところが日本政府ですね。大変得意な分野だからかもしれませんが。世の中には、そういうことを数える気力すらない大国があるのです。どことは言わないけれど、西半球にも東半球にも。)、基本的に行政は、一膳飯屋で、並んでいるお皿を自分でとりに行く気力と能力がある人にはサービスが提供されるシステム(制度)なので、仕方ないこととはいえ、その気力さえない人々や、それが何らかの事情でできない人には、まったくサービスが行かない制度であるのは、仕方がないとはいえ、その結果、餓死する家族や行方知れずになっている児童がいることがねぇ。つらいです。はい。

     バブル時代を経て形成されたサービス化社会(というよりは過剰サービス社会)の日本を経由して現代の社会では、行政のシステムである、「サービスを申請しに来て初めてサービスが提供される」というのは、なんか変な感じになっているのだろうなぁ、と思う。これから、行政がどっち向いて走ろうとしているのかを、少し見極めたいと思う。許されるならば、その自治体さんとお付き合いしながら。

     ところで、ミーちゃんはーちゃんは、教会の講壇で語ることもあるけれども、ある程度は、会衆というか聴き手の反応や顔を見ながらしゃべっているのだけれども、なかなか、うまくいかない。ロイドジョンズ先生のような寿司屋のオヤジにはなれないものの、リパーカッションがないと、どのあたりが伝わっていないのか、何が疑問なのかが拾いにくい。寿司屋のオヤジのような職人芸はできずとも、せめて、定食屋のオヤジや、ファミレスの営業本部くらいにはなりたい。社会の動向を見極めながら、信徒の必要を見極めながら、神のことばのコアの部分を提示できるようになりたいなぁ、とぼー、ぼー、ぼぉーっと思っている。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM