<< 素朴な質問の意味 | main | 教会はだれのものか?ということをタラタラと考えてみた >>
2010.08.04 Wednesday

愚かさについて、考えた

0

    近代以降、人は愚かであることを、望まなくなったのかもしれない。

    そして、小ざかしくなることだけを望ましいこと、と考えたのかも

    しれない。人は、もともと、愚かで、弱い存在なのに。それを認め

    たくないことが、数多くの不幸を生んでいるのかもれない。

    パスカルはいった。「人間は考える葦」である。大学の哲学通論の

    とき、湯川佳一郎先生という当時法政にお勤めであった面白い非常

    勤の先生に哲学、考えること、ということについて、衝撃的な講義

    を受け、先生と時にお食事をしながら湯川先生のお話しをうかがっ

    た。その中で、パスカルとデカルトの哲学の本源的な部分に、少し

    かすった気がした。湯川先生は、おしゃれな先生であられた。どれ

    ほどおしゃれかって?

      体育系の学生が、この湯川先生のところに、「先生の哲学通論の

    科目がないと教職が取れないので、よろしくお願いします。」と言

    いにいったらしい。すると、湯川先生本人曰く。「あなたのような

    この科目の単位を取れない方が教壇に立って、これ以上日本の教育

    レベルを下げないでいただきたい。」と言い放ったそうである。目

    が真剣だったから、たぶん、そのとおり言ったと思う。

     あと、電車で走っている子供が車両にいるときには、事前にわざ

    と足を少し出しておいて、足に引っ掛かったときには、「おぼっち

    ゃん、電車の中で走ると危ないですよ。」と言ってやるのだ、と言

    っておられた。戦前の大学人の雰囲気を持つおしゃれさであった。

     近代哲学において大きな影響を与えたパスカルが示した「弱さ、

    愚かさ」を前提にして、それでも考える(哲学的反省と湯川先生は

    述べておられたが)ことの大切さを湯川先生の講義を通して教わっ

    たような気がする。残念ながら、物故されたようであるが。

     ここの所話題になっている秋葉原連続殺傷事件を起こした被告や

    ネグレクトをして子供を餓死、衰弱しさせた女性のことを考えてい

    る。この弱さ、愚かさの受け入れができなかったのではないか、と

    思う。弱い存在、愚かさを持った存在を受け入れる事が困難であっ

    たのではないかと思う。近代が生み出した小賢しさに偏ったための

    悲劇ではないか、と思う。

     ここのところ、塩野七生氏の本が出ていたので、読んでいた。も

    ともと、好きなな作家である。ゲーム論の研究会に出ていたとき、

    その主催者であった先生が彼女の「海の都の物語」を紹介してもら

    ッてからというもののめりこむように読んでいった。コンスタンチ

    ノープルの陥落、レパントの海戦、ローマ人の物語と、ほとんどの

    作品を読んできた。最近出た塩野氏の評論集の中に、「バカになる

    事の大切さ」(塩野七生:日本人へ-国家と歴史編 文藝新書 

    114-119ページ)という小文があった。ナポリのゴミ問題を題材に

    小賢しく生きる事が本当に良いのか、という事を問いかける文章で

    あった。時に愚かになり、愚かさを受け入れる事の大切さを説く

    文章である。(詳しくは、この本を読んでほしい)

     その小論で言われているように、第三者が悪い、として、自分の

    責任を回避する態度、これを小賢しいことであろう、とミーちゃん

    はーチャンも思う。自分のミーハーさに反省しつつであるが。

    この種の小賢しさ、というのが現代では求められているが、底抜け

    の愚かさ、他者を受け入れ、他者と共に生きる、という事が、案外

    重要なのではないか、という事を思っている。人が間違っている、

    と指摘したり、他者がおかしい、社会がおかしい、と義憤を持つこ

    とも意味はあろう。しかし、それでは社会は変わらない。社会を

    変えるのが政治であるとするならば、そこで重要なのは、どうも、

    この一種の愚かしさとも通じる底しれぬ大いなる空洞のような精神、

    あるいは愚かさではないだろうか、と思う。

     他の方の人生や生き方を軽々に判断したくはないが、どうも、

    このような小賢しさがよいとされ、小賢しさに生きる人々が増え、

    小賢しさが価値あるものとされた結果の悲劇だと思う。子供を

    世話することは、愚かさを受け入れることであり、時に愚かに

    なる事である。そして、手のひらを開いて、空洞になる、ある

    いは空洞を作り出して渡して見る事であるかもしれない。

    これができなくなっているのは、現代人があまりに小賢しくな

    った結果、この愚かしさを自分の中に持ち得なくなったからか

    もしれない。自己批判をすることは、小賢しさを捨て、愚かさ

    を認める事である様に思う。小賢しさを捨て、愚かになる事が

    どうも哲学的反省なのではなかろうか、と思う。パスカルや

    デカルト、そして、ソクラテスが、そしてプラトンが主張しよ

    うとした事は、この哲学的反省であり、愚かさに生きる事では

    ないかと思う。

     最近は、書かなくなったが、ミーちゃんはーちゃんのモット

    ーは、『愚公移山』である。愚かさゆえのすごみ、という事を

    もう少し見直してみるとともに、この愚かさを大事にして生き

    てみる事の大切さを少し考えている。


    評価:
    塩野 七生
    文藝春秋
    ¥ 893
    (2010-06-17)
    コメント:政治や文化、人間というものを考えるときに、参考になる。政治とは何か、という事を考えさせるエッセー。

    コメント
    かわむかいさま

    初めてコメントさせていただきます。
    現代の軽薄さをうながす大衆文化傾向を「小賢しさ」というキーワードで読み解くアプローチが興味深かったです。

    本論からずれてすみませんが、塩野七生について。

    中高年に人気の高い、塩野七生のローマ史の本を私はほんの数頁めくっただけの者です。

    そこでの彼女のキリスト教理解、歴史的認識が、私にはどうも、日本のインテリによくあるステレオタイプの典型に思え、がっかりしました。現実よりは、自分のキリスト教理解にひっぱってきて、ローマ史のなかでキリスト教史を書いているような感じがしてなりませんでした。

    ローマに長らく滞在し、文献にあたってのことらしいですが、それにしも、なんら新しい視点がないように思えました。

    これは数頁しか読んでない私の誤解でしょうか。
    彼女の本を多く読んてきたかわむかい様の印象はいかでしょうか。
    • クレオパ
    • 2010.08.04 Wednesday 22:09
    クレオパ様 お元気でしょうか。

    コメントとご指摘、ありがとうございました。

    >そこでの彼女のキリスト教理解、歴史的認識が、
    >私にはどうも、日本のインテリによくあるステ
    >レオタイプの典型に思え、がっかりしました。
    >現実よりは、自分のキリスト教理解にひっぱっ
    >てきて、ローマ史のなかでキリスト教史を書い
    >ているような感じがしてなりませんでした。

    これは、塩野氏は確信犯でステレオタイプな「キリスト教史」として描いていると思います。彼女は、基本的に政治的・ゲーム論なアリーナでローマ史や哲学史をとらえており、人間に彼女の関心の中心点があるからだと思います。その意味で、彼女のキリスト教のモデルは非常に平板で浅い、と思います。カトリックの関係者との交流もあるようですが、人間の視点からしか見ておられないようです。

    人間中心の視点、人間が中心となる政治の観点からの見方からすれば、神を中心とするキリスト教の概念は、うっとうしいものであり、キリスト教の世界も、司教や大司教、あるいはカトリックの各派の人間関係でみるので、精神史や聖書理解の深み、神との関係で生きようとしたアッシジのフランチェスコの霊性などは、理解不能に見えるのも仕方がないだろう、と思います。
    (続きます)
    • ミーちゃんはーちゃん AKA かわむかい
    • 2010.08.05 Thursday 07:02
    (続きです)

    その意味で、私自身も、「ローマ人の物語XIV 」などは、購入はしましたけれども、ほとんど得るところはなかったですし、正直言って、なんだかなぁ、こう見えるんかなぁ、と思いました。

    その意味で、人間関係、なぜ、あるビジネスや社会システムがうまくいったのか、なぜ、歴史がこのように動いたのか、という政治的フィールドに関しては面白い視点や示唆を与えてくれる作家ですが、キリスト教の歴史的背景に関しては、絶望的といっていいでしょう。どこかのエッセーで、キリスト教は嫌い、と公言しておられましたから。

    塩野氏の本が、キリスト教の実像、と理解されると困るなぁ、と思う点は非常に同意いたします。お話しローマ史・地中海世界についての国家やそこでの人物に関するお話しとしては面白いのですけれども。ただ、ローマ帝政詩を書くのに、カトリック形成史を無視しては書けないでしょうから、仕方なく書いた、という印象を持っています。あと、この人は人としてのナザレのイエスという事でしか見ていませんので、ここで、塩野氏とミーちゃんはーちゃんとの視座は完全に平行線になります。

    香山リカさんの表現を考えれば、塩野氏は、私にとって、あっちの世界の人です。塩野氏にとって、私は、あっちの世界の人でしょうけれども。ただ、スパッと境界線をひいて、終わりに出来ないところがややこしいところでしょうけれども。あっちの世界の人とお互いが思っていても、対話をしてみる努力だけは重要だと思います。
    • ミーちゃんはーちゃん AKA かわむかい
    • 2010.08.05 Thursday 07:24
    (つづきで、最後です)

    要約して考えてみれば、塩野氏の描くものは、「人間」と「人間関係」であり、それによっておりなされる「歴史」の塩野氏なりの再解釈と理解して読んでおり、それをどのような人間関係のモデルに持ち込むのか、ゲーム論の世界としてモデル化できるのか、という視点からは面白いと思います。神の存在を無視して成立している現代の近代経済学の世界の周辺でフラフラしている私にとって見れば、社会の人間関係についてのモデルとして考える面白いアイディアを提供してくれるとは思います。

    個人的には、所詮、人間が書いたものを読むときには、この人には、こう見えるのか、この人の世界観は、このようなものか、と思って読み、個人的思索を広げたり、示唆がとれないかなぁ、このタイプの人に聖書の話をするときには、このように翻訳すると伝わるかもしれないなぁ、と思い読んでおります。

    人間の世界(政治的な関係論)と神と人との世界(神学や信仰の関係論)との間に、境界線を無意識に引いて読んでいるように思います。

    ご回答になっておれば、よいのですが。

    クレオパ様も、暑さが苦手とお聞きしております。私も同様でございます。今年は、酷暑、ことのほか厳しいので、ご健康が守られますように。

    ミーちゃんはーちゃん AKA かわむかい
    • 2010.08.05 Thursday 07:36
    詳細にして要を得たご説明をいただき、ありがとうございました。

    かなり支持を得ている著作ですので、優れた本であるに違いないと思いますが、キリスト教理解だけは不満でしたので、うかがってみました。

    信仰の世界について、やはり底の浅さがあるということを教えていただき、納得いたしました。
    きっと、一神教の愚かさも力説していると思われ、
    これらが多くの日本人知識層に浸透するとなると、少し悲しいです。

    きょう、神田の三省堂の1Fの入ったところ、正面にに、塩野氏の新刊が平積みで紹介されていました。
    これから「十字軍」の歴史についてシリーズで発行されるようです。

    きっとアジア人の視点から、その愚かさ、蛮行を強調するに違いないでしょう。そのとおりだと思いますがが、それで、「一神教は狂気だ、キリスト教信仰は人類に害悪したもたらさなかった、これからは多神教だ」という乱暴な「落ち」にならないよう、願うものです。



    • クレオパ
    • 2010.08.05 Thursday 22:35
    ところで、前の記事に、私の名前らしきものが書いてありましたが、気のせいでしょうか。
    岡谷市に住む知り合いが私にいたかな〜?
    たぶん、昔、ちょっと接したことのあるT熱学にお勤めの方でしょうか。

    いつか、かわむかい様とお会いできたらいいですね。
    私にクワガタ虫の趣味は今のところありませんが。。
    • クレオパ
    • 2010.08.05 Thursday 22:40
    クレオパ様

    コメントありがとうございました。

    塩野氏の本は、すべてそうなのですが、人間関係の中だけで考えるというところを持っているので、著者のメッセージを読みこなせないと、ご指摘の通り、一神教がおかしい、という結論に尻馬に乗るような形で、飛びつく方が出てくるのも避けがたいと思います。塩野氏は、理性を捨てたような宗教的情熱が政治的には恐ろしい、ということを主張しようとしていると理解していますが。

    一神教でなくても、宗教的情熱や集団ヒステリーは恐ろしいものを生み出します。日本は、多神教でしたが、疑似一神教を15年戦争前後に生み出し、アジアに対して、とんでもないことを起こしましたし。留学生などと触れる際には、慎重さが必要だなぁ、と感じております。踏まれたほうは、恨みは忘れませんが、踏んだほうは他者を虐げたことを忘れやすいので。

    今日は原爆忌です。ほとんど影響がないとはいえ、被爆2世としては、アジアの人々の被害を考えると、特に朝鮮半島から来られていた被害者のことを考えると、複雑な気持ちになります。母の被曝は限定的だったようで、私には影響はいまのところ目見煮えては、ありませんが。

    小沢氏のような、『一神教だから平和を生み出さない』という誤解と無理解に基づく政治的声明が出てこないことを本当に望みたいと思います。
    • ミーちゃんはーちゃん AKA かわむかい
    • 2010.08.06 Friday 08:07
    クレオパ様

    すみません。お名前をご実名を登場させるつもりはなかったのですが、不用意に登場させてしまいました。大変失礼いたしました。心からお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。

    岡谷でお会いしたかが長期にわたくしどものグループに関与しておられたので、国際ナビゲータのアメリカ人宣教師Mさんのこととともに、お尋ねした感じです。岡谷でお会いした方は、宣教師のMさんはご存じだったのですが、クレオパ様のことはご存じなかったです。

    はい、できましたら、今度東京に出ます際に、お昼に少しご一緒できれば、と思っております。

    近日中にお電話申し上げます。

    お名前のこと、たいへん失礼いたしました。是正措置をとりました。心より、お詫び申し上げます。ご寛心をもってご寛恕賜りたく、平にお願い申し上げる次第でございます。本当に申し訳ございませんでした。
    • ミーちゃんはーちゃん AKA かわむかい
    • 2010.08.06 Friday 08:12
    私かも知れない名前が出たこと、全然気にしていませんので、ご心配におよびません。

    塩野氏の特徴は、人間観関係のドラマを扱っているのですね。それは面白そうです。ヨーロッパ人ならいくらか知っている隠れたエピソードなどがたくさん登場するのでしょう。

    そして、ところどころに文明批評、政治的な側面の宗教批評があるというところでしょう。

    とこで、塩野氏の著作についてしか頭になく、私へのご心配をいただいていることを見逃してすみません。

    暑い中、なかなか夜が眠れないのが、あとで体に来そうです。毎日だるいですが、水分、仕事のペースなど気をつけながら過ごしたいです。夜更かしもいけませんね。

    かわむかい様もお気をつけて。

    上京のおりには、ぜひご連絡くださいませ。
    • クレオパ
    • 2010.08.06 Friday 09:32
    クレオパ様

    早速のコメント、ありがとうございました。

    私も、高等学校時代に世界史を途中まで履修しましたが、アメリカにいる際に、自分の世界史の知識の層の薄さに愕然とした思いがあります。

    普通にみえる人々が、ベーコンから語り、ベンサムからの引用をし、マキャベリを引用し、キケロやシーザーについて語る人々。その引用がいかに表層的なものであろうとも、それに追随できない自分に愕然とした記憶が残っています。言語が原因でなく、知識の不在故であることに。ここらあたりが、ヨーロッパ人から見ると、日本人が彼らの視点からは、共通の教養をもたない人々に見えてしまうんだろうなぁ、と思った次第です。まぁ、救いは、聖書の知識だけなら、そこそこあったので、キリスト者コミュニティの中では、比較的まともに扱ってもらえましたが。

    そんな経験の後、また少し塩野氏の著作を見直してみると、塩野氏の書籍は、読み物として読める、という意味では、読みやすいなぁ、とは思います。その正確性は犠牲にされ、著者の偏りが反映されている部分が多々あるとは思いますが。塩野氏の人間中心主義的側面、政治中心的側面にひかれ、日本の『知識人』という方が、その尻馬に乗ったような議論に乗っていかないことを願っております。塩野氏は、そもそも言論は偏っているものだし、偏りがあってよい、と確信犯で思っておられるところもあるようです。それをどう解釈するかは、読み手の問題と思っておられるようです。

    酷暑の日々が続いております。特に夜間の休養が与えられるよう、祈念いたしております。

    それでは。お元気でお過ごしください。
    • ミーちゃんはーちゃん AKA かわむかい
    • 2010.08.06 Friday 19:05
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM