<< 遍在する神 | main | NHK大河ドラマ 竜馬伝に描かれた 岡田以蔵と武市半平太の関係構造に見るカルトとの類似性 >>
2010.04.06 Tuesday

イースターのメッセージ

0
     先週の日曜日のイースターのメッセージです。

    今日はイースターということですが、イースターの時期は、日本ではさくら、

    イスラエルでは、アーモンドの花が咲くころです。

    この時期は、ちょうど動物の赤ちゃんが生まれる時期でもあり、動物園などでは

    動物の赤ん坊が生まれたといったニュースが流れます。

    だからというわけではないのですが、今日は「シャーロットの贈り物」の

    オープニングシーンをまず見ていただいてから、お話したいと思います。

    この映画の主人公の一人でもある、子豚が最初、あまりに小さくて、

    育ちそうにないし、母豚の乳首が10しかないのに11匹目として生まれた

    子豚(のちにウィルバーという名前がつく)は生きられそうにないので、

    この牧場主が殺そうとしたところ、その牧場主の娘(ファーン)がかわい

    そうじゃないか、Unfair(不公平)でUnjust(正義が実現していない)だ

    と言って助けます。そして、ファーンという女の子は、この豚の世話をする

    ということで、この豚の命を助けるわけです。

     この子豚のウィルバー君は、このファーンという女の子によって助けられ

    ましたが、このお話は、私たちと神との関係に良く似ています。

    私たちは、ある面、弱く、神の目の前に殺されるのが当然の存在です。

    しかし、イエスが、命をかけて永遠の命を与えることで、この子豚の

    ウィルバー君が守られたのと同じように、永遠の命を自分のものと

    することになった、というのが聖書の主張です。イエス自身、ヨハネの

    3章15節から17節で、命を与えるためにやってきた、と言っています。

    まさしく、ファーンが子豚のウィルバーの命を守ったように、イエスは

    私たちの「永遠のいのち」を守ったのです。それが聖書の主張です。

    単に私たちは、この世のいのちではありません。イエスは、「私はよみ

    がえりで、いのちです。私を信じる者は死んでも生きるのです」と語っ

    たとヨハネの福音書は私たちに主張しています。

     みなさんは、永遠のいのち、天国というものをどのようなものとして

    想像されるでしょうか。聖書の言う天国、神の国とは、かなりいきいき

    したもののようです。たんに生きているのではなくて、神との交流があり、

    神を信じる人々との交流がある場所のようです。脳死状態のような形で

    生きる天国とはかなり違うようです。

     私たちは死を恐れます。そこが終わりであることを薄々感じている

    からではないでしょうか。しかし、聖書は、神を信じる者にとって、

    そこは終わりではなく、永遠に生きることの始まりであると言ってい

    るようです。イエスは、みなさんのいのちを守ろうとしました。どうか

    このイエスについてよくお考えになり、そして、イエスとが言っている

    永遠のいのちをご自分のものとされますように。 






    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    ブクログ
    G
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM