2018.06.07 Thursday

ペンテコステ第2主日のブルティンからの黙想 安息日をめぐる黙想

0

     

     

    先日の説教は、マルコ2章23−3章6節までの安息をめぐるイエスと律法学者の対話と、病者の回復についての記事からでした。

     

    世にも奇妙な世界の規則たち

    最初は、世界にいろいろある奇妙なルールがあげられ、いろいろな奇妙なルールの話をまず暴騰してました。

     

    イギリスでは、鮭を変な持ち方をしてはいけない(1986年制定の規則、というツッコミつき)

    スイスでは、裸でハイキングしてはならない

    ポルトガルでは、海の中で排尿してはならない(誰がどう確認するんだ、というツッコミつき)

     

    後、記憶に残ったのは、

      説教者たるもの説教壇で笑ってはいけない

    といったものでした。

     

    この珍妙なルールのソースは、おそらく、このリンク http://www.thisisinsider.com/14-strange-laws-from-around-the-world-2016-7 とそのほかから、取っているのだろう、とは思いますが。

     

    現代イスラエルでの安息日の出来事と安息日の意味

    現代のイスラエルでも、保守派(ウルトラ保守派)の皆さんは、安息日に冷蔵庫を開けたり、エレベータを使うと、電気を使うことになるので、仕事をしたことになるので、これらのものを使わない人々がいるといったこと(これは実話であるらしいようです。お友達のレビ先生(日本人)の方から聞いた話だと、日本人のような外国人なら、安息日のルール外だとおもったのか、レビ先生のアパートの隣の厳格派のユダヤ人のご夫妻が、外国人である日本人に金曜日の日没(金曜日の日没から、安息日が始まるから)以降に、冷蔵庫の電球を外してくれ、と頼みに来たことがあったらしいです)といった、ユダヤ社会の習慣が取り上げられた後、ユダヤ社会では、律法、十戒で知られる、十のことばにある、「安息日を覚えてこれを聖とせよ」の解説について、司祭が、説教の中で、取り上げていました。

     

    https://www.pinterest.jp/jmoolinger257/s-sabbath/ から

     

    そして、当時の律法学者たちが、律法が何のために、誰のためにあるのかを忘れ、形式化したことをイエス様が批判されたことを述べた後、安息をとるのは、何のためか、という話になり、安息は、神との関係と深め、神との関係に戻るための安息日ではないか、それは、ある意味で、私たちが神を賛美し、神とともに生きる、という本来の人間の役割に戻るということに着目すべきであろう、というのが、ペンテコステ第2主日の説教の概要でした。

     

    奴隷の皆さんにも及んだ安息日

    奴隷であったことを思う安息日

    そして、安息日は、ユダヤ人だけに及んだのではなく、社会全体に及び、社会が一つとなって休んだことが、申命記5章12−15節までの記述から、説明され、すべての人が神との関係に戻ることを神が求めておられ、誰かの犠牲の上に安息が守られる、ということではなかったことも触れられました。これは、本当に大事な視点だ、と思いました。そして、ユダヤの民が、かつて奴隷であったことを思い起こすように指示されていることも、本当に重要な側面であったと思います。

     

    それは、現代の私たちにとって、私たちは、様々なもの、欲望だったり、自分自身の自信、社会的制度だったり、あるいは人の目するのだと思うのですが、それらの奴隷であったことを思い起こす必要性ともつながっている、といったことを、司祭の説教を聞きながら思い起こしていました。

     

    【口語訳聖書】 申命記  5章 12−15節

    安息日を守ってこれを聖別せよ。あなたの神、主が命じられたとおりに。 六日の間働いて、何であれあなたの仕事をし、七日目は、あなたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない。あなたも、息子も、娘も、男女の奴隷も、牛、ろばなどすべての家畜も、あなたの町の門の中に寄留する人々も同様である。そうすれば、あなたの男女の奴隷もあなたと同じように休むことができる。 あなたはかつてエジプトの国で奴隷であったが、あなたの神、主が力ある御手と御腕を伸ばしてあなたを導き出されたことを思い起こさねばならない。そのために、あなたの神、主は安息日を守るよう命じられたのである。 

     

    ともすれば、自分が神との喜びに満ちた安息に入るために、時に他者に、特に社会的に弱い立場の人たちに、犠牲を強いてしまうというのが、人間の弱さの結果ではありますが、そのことの現代的な意味を少し考えていました。

     

    そういえば、この説教を聞きながら、神との安息の大切さ、安息日を守ることの大切さ、を思い出していました。そういえば、いのちのことば社から最近翻訳が出た修養する生活をお書きになられた、スーザン・フィリップス先生の2年前の講演 2016年6月4日の関西牧会塾の参加記録(1)  でも、そのことが触れられていました。

     

    それと同時に、今回の聖書箇所で気になったのは、

     

    第2コリント4:7−11 
    We are like clay jars in which this treasure is stored. The real power come from God and not from us. We often suffer, but we are never crushed. Even when we don't know what to do, we never give up. In times of trouble, God is with us, and when we are knocked down, we get up again, We face death everyday because of Jesus. Our bodies show what his death was like, so that his life can also be seen in us.

     

    日本語の口語訳聖書では、

     

    コリントの信徒への手紙二 4章 7-11節
    ところで、わたしたちは、このような宝を土の器に納めています。この並外れて偉大な力が神のものであって、わたしたちから出たものでないことが明らかになるために。 わたしたちは、四方から苦しめられても行き詰まらず、途方に暮れても失望せず、 
    虐げられても見捨てられず、打ち倒されても滅ぼされない。わたしたちは、いつもイエスの死を体にまとっています、イエスの命がこの体に現れるために。 わたしたちは生きている間、絶えずイエスのために死にさらされています、死ぬはずのこの身にイエスの命が現れるために。 

     

    どういう関係か、日本語で読むと、自分たちが形状記憶合金のような存在や、はたまたスーパーマンであるべき、という勧めのように聞こえてしまいそうな文章ですが、英語のこのバージョンでの翻訳で同じ部分を読んでみると、人間がスーパーマンのような存在に聞こえるようなところに目が行くのではなく、神がこの粘土でできた体に内在される、吹き込まれるがゆえに、困難な時にも、そこに神の臨在がある、という形に聞こえるから不思議だなぁ、と思いました。

     

    神の霊を土の器に入れていただいている存在として
    まさしく、創造の初め、神が神の霊(聖霊)を人に吹き込まれるまでは、人間は、粘土の塊、粘土の入れ物のような存在だったのだということを思い起こしていました。それは、ミーちゃんはーちゃんの数か月前の姿でもあったわけです。安息の大切さを知りながら、神の安息に憩っていなかった、自分自身の姿を思い起こすことになりました。神の息吹を吹き込まれていることを覚える日、それが安息日なのだろうなぁ、と思いました。

     

     

     

    死海文書が入っていた、粘土製のツボ https://www.awesomestories.com/asset/view/Dead-Sea-Scrolls-Clay-Jars//1 から

     

     

     

     

    ヒゼキア時代の粘土製のツボ https://lukechandler.wordpress.com/2015/06/27/biblical-artifacts-in-the-israel-museum/ から

     

     

    Real help in times of trouble.

     

    そして、この部分を読みながら、響いてきたように思い起こされたのは、祈祷書の次のような文章です。

     

     

    Real help in times of trouble.

     

    レントの時、このリタジー(式文、ないし祈祷文)をよみながら、本当にそうだろうか、と思い悩みつつも、これを皆さんと一緒に読むときに、そうなんだろうなぁ、と思っていました。そして、苦しみの日々、苦々しい日々、闇夜、荒野の中、死の影の谷、海の底のような状態にある時には、この言葉を本当に心からいえないながら、このことを本当に信じているのだろうか、ということを自分自身に問う毎日でした。

     

     

    しかし、今、ほぼその状態から、なぜか抜け出した毎日を過ごす中で、確かにわが神は、

     

     

     

    Real help in times of trouble.

     

    だった、ということができるなぁ、と思い起こします。とはいえ、また、いつ何時、またあの同じ苦しみの日々、苦々しい日々、闇夜、荒野の中、死の影の谷、海の底のような状態に陥らないとは言えないミーちゃんはーちゃんがいます。しかし、そうであっても、神のもとに戻るとき、神の安息日を覚え、神との安息の時間をとるとき、そこに、自分自身が、

     

    Real help in times of trouble.

     

    といいうる希望があるなぁ、と思うのです。そう、神は絶望の神ではなく、希望の神であることを、身を持って体験したような気がするということを再確認する黙想に、この日の説教から導かれました。

     

     

    この黙想を与えたもうた、

     

      主に感謝、主に栄光、Thanks be to God, Glory to you O Lord.

     

    と思っております。 

     

     

     

     

     

     

    2018.12.31 Monday

    説教随想 ホーム・アローン・ゴッド 

    0

       

      いつも参加させてもらっている教会での昨日の聖書個所は、イエスが12歳の時のエルサレムに行って、宮で祭司長と律法学者と話し込んでいる間にマリアとヨセフがイエスを神殿に置き去りにして、帰りかけた話のルカ2章41−52節からの部分でした。

       

      いろいろなクリスマス映画

      ちょうど、今はまだクリスマス習慣絶賛実施中です。多くのキリスト教界では、新年モード・迎春モードかもしれませんが、教会歴に沿ってしている教会では、まだクリスマスモードだということもあり、クリスマスシーズンの映画の話から、ということで、Home Aloneもクリスマス映画だよねぇ、という話になって、ある意味で、今日の福音書のルカ2章からの部分と、ホームアローンって、似ているよねぇ、というところから始まりました。

       

      Home Aloneの予告編

       

       

      個人的には、34丁目の奇跡とかJingle All the Wayが個人的には、面白かったような気がします。ほかにも、まぁ、クリスマス時期は、いろいろシーズンに合わせた映画が公開されるので、かなりバラエティが多いシーズンではありますが。

       

      34丁目の軌跡

       

      Jingle All the Way

       

      いろんな事に気を取られてしまっている人間の姿

      そして、親をしている人で、ホーム・アローンのように子供を置き忘れたことがあるか、とかいう話になっていったんですが、ホーム・アローンでは、パリ旅行のためにあれやこれやしなければならないことがあって、大事なことを忘れてしまう人間の姿を描いているよね、ということから、どういうことかはわからないけれども、ヨセフとマリアもほかのことに心をとられていて、イエスをホーム・アローン状態にしたのかもしれないよねぇ、という話で、この大切なことを割と忘れてしまうっていうのは、人間の姿を現しているかもしれないよねぇ、と話が続いていきました。ここで、イエスを忘れたマリアとヨセフは人間の姿を現しているのかもしれないよねぇ、という話になりました。

       

      人間は、実に様々なことに気を取られているのは確かで、仕事のこととか、人生のこととか、健康のこととか、いろんなことに気を取られていて、本来見ておかなければいけないことを見ていないよねぇ、本来、人間が気にかけておくべきことは、神とともに歩むことなんだけれども、それができていないのが人間だけれども、仮に、我々が、時に神とはぐれた、神に目を向けることを忘れていたとしても、神は、常におられるべきところにおられて、我々はそこに戻ることができ、常に、神は我々が神のもとに帰ることを待っておられるのだ、というのが説教の要約です。

       

      ホーム・アローン・ゴッド

      この説教(全部で10分ちょっとくらい)まぁ、聖書のルカの福音書は、父の家にヨセフやマリアからは置き去りにされていましたが、その周りには、祭司だとか、律法学者がいたので、一人ではなかったわけですが、イエスは、我々人間と神がともにいる、という本来の姿を取り戻したいという神の意向を伝えるために、そして、父の家には人間のための空間がある、ということをこの地の人々に伝えるために、本来の神の王座を離れて、残虐な殺され方をするために来たのに、人間の側が割とあっさりと無視していて、ある意味で、神の片思い状態にしているという意味で、神の御座というホームに神だけがいる、という状態になっているよなぁ、ということを思うと、私たち人間は、ホーム・アローン・ゴッドにしているよなぁ、と思ったのでした。

       

      主の祈りから

      ところで、主の祈りの中に、次のような部分があります。

       

      み国が来ますように

      みこころが天に行われるとおり
      地にも行われますように。

      your kingdom come,
      your will be done,
      on earth as in heaven.
      この部分には、神と人間との関係が、遠いものや無関係なものではなく、かなり近いものであること、神の支配がこの地にあることを示しているわけで、神の側が、神にとってのホームである天におられれるだけでなく、人間も天の支配、神の支配というその世界に含まれるということについての祈りであるのだと思うのです。

       

      その意味で、私たちが日常生活の中でともにおられるはずの神を、忙しさや仕事、様々なことのゆえに見ないことはよく起きてしまうわけですし、旧約時代のイスラエルは、神とともに歩みながらも、神を忘れたり、無視したかのような歩みをし続けた民でもあったわけですが、そのイスラエルの民に、神は、「わが子よ、わが元に戻ってこい」ということを言い続けられたわけで、言い続けた内容は、「神を神のホームでもある天にホーム・アローン状態にするな」ということでもあるように思うのです。

       

      神をホーム・アローンにしている人間
      その意味で、キリスト者は、この地に神がキリストという形で歩んだことを知り、キリストを聖餐を通して、自らのうちにな移住していただいているものであり、さらに、キリストのゆえに、神の聖霊(聖神)がおられるということを日々体験している民でありながら、人間の側の都合で、割と、本来、自らのうちにおられる神をホーム・アローン状態にしている部分があるよなぁ、と素朴に思いめぐらせていました。

       

      この神と人がともに歩む、神が人間をホーム(宮)にするというのは、

       

      【口語訳聖書】 コリント人への第一の手紙 3章 17節
      神の宮は聖なるものであり、そして、あなたがたはその宮なのだからである。 

       

      【口語訳聖書】 コリント人への第一の手紙6章 19節
      自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、あなたがたは、もはや自分自身のものではないのである。

      とも書いてあるのだけれども、人間はともすれば本来、神のホームであるにもかかわらず、そのことを自分の思いのあまり、あまりにも無視していることが多いのかもしれないなぁ、ということを教会からの帰り道の道すがら考えておりました。

       

      イスラエルが、道を外れまくりながらも、預言者などの声にこたえる形で神のもとに戻っていったように、神のもとに戻っていく、ということをキリスト者として考える必要があるのだろうなぁ、ということの意味を今週は考えることになりそうです。

       

      ホームアローン状態だった放蕩息子の父

      そういう意味でいうと、放蕩息子の父は、弟君からは、リアルな意味でホーム・アローン・ファーザーにされていたし、兄貴からは、リアルな意味では同居しつつも、精神的な意味で、ホーム・アローン・ファーザーにされていたという意味で、ダブルでホーム・アローン状態にあったという意味で、現代のキリスト者からは、放蕩息子の兄のような状態で、ホーム・アローン・ゴッドにされているのかもしれないなぁ、とも連想してしまっていました。

       

       

      こういうシュワちゃんにドアップで迫られると結構怖いだろうなぁ

      https://imgflip.com/i/1tlx6m から

       

      ちなみに、現在も絶賛クリスマス期間実施中ですので、例年この時期は、電車等での落し物が多い時期でもありますので、皆様も、皆様のクリスマスの精神(Christmas Spirit)をどこかに置き忘れになられませんように。ドンジョバンニに出てくる騎士団長のような、こんな人が出てくるかもしれませんし。

       

      https://www.dailyedge.ie/muppet-christmas-carol-best-christmas-film-3137821-Dec2016/ より

       

      ドン・ジョバンニの最後のシーンに出てくる騎士団長様

       

      とりあえず、来週月曜日まで、年末年始のお休みに入ります。よきクリスマス週と、エピファニーをお迎えください。

       

       

       

       

       

       

       

      2019.01.07 Monday

      2019年のエピファニーの説教黙想

      0

         

        昨日はエピファニーでした。、昨日の礼拝では、聖書を読む前には、式文の合間に以下の二曲を歌いました。

         


        We three kings of Orient are



        Gradual: Brightest and best

         

        そして、

        Old Testament Isaiah 60:1-6 (信徒が読む)
        Epistle Ephesians 3:1-12  (信徒が読む)
        Gospel Mathew 2:1-12  (司祭が読む)


        の部分が読まれ、説教となりました。

         

        3人は何だったのか…

        昨日は、エピファニー(クリスマスの最後の日)で、東方の3博士なのか、3人の王なのか、3人の魔法使い(Magi ギリシア語では、magoiと書いてあるはず)なのか、3人の天文学者なのか、3人の占星術師なのか、3人の占い師と呼ぶのかは、いろいろあるのだけれども、その辺は習慣というか伝統が入り込んでいて、なんというべきかいろいろあるのだが、その三人の少なくとも星を見た人がイエスのもとに来たことを記念する日、ということで、それに即する讃美歌などを歌い、それにかかわる以下のような聖書記事を読みました。冒頭の讃美歌(We three kings of Orient are)で歌ったように、なんとなく私たちは、東方から来たのは、王だと思っているけれども実はそうではないかもしれなくて、といった理解や、羊飼いとこれらの三人の博士があたかも同席しているような絵画が描かれたりと、クリスマスやイエスが生まれたときの理解については、いろいろ聖書が成立して以降に持ち込まれた絵画とか、理解とかから持ち込まれた後世の文化的な蓄積があり、その結果から多くの誤解に近い思い込みをしている部分があるよねぇ、というお話になりました。

         

        3人が持ってきたプレゼントについて

        福音書の解説として、3人の王としてが、黄金、没薬(myrrh)、乳香( frankincense)を持ってきたことになっていて、それは、神の子の誕生の際のプレゼントだけれども、普通子供が生まれたら、何を持っていくだろうか、という話になりました。このことの問いかけがあったので、何人かの参加者から、紙おむつとか、粉ミルクとか、バスタオルとか、というアイディアが出ました。それを受けて、司祭は、いろいろ普通は実用的なものを持っていくけど、この3人のMagiのみなさんは、よりにもよって、あまりにも実用的じゃないものと思えるものを持ってきているよねぇ、という話がありました。

         

        https://www.pinterest.jp/pin/284993482647636368/

         

        この3人のMagiの皆さんが持ってきたものに対して、ある聖書学者は、黄金は、イエスが王であること、没薬は、イエスの死と復活、乳香は神への礼拝、と対応っセルことで、これらの贈り物がイエスの生涯を象徴しているという解釈をする人もいて、表しているという解釈ができるとか、言っている場合もあるし、別の神学者によれば、いやいや、これは、高価に転売できるので、のちにイエスがヘロデの手を逃れるために、エジプトに逃れるための資金として、すぐに高価格で転売できたので、問題なかった、というような解釈をしている人たちもいますが・・・という紹介がされました。

         

        神からの全ての人間へのプレゼント

        ところで、この時期は、プレゼントをする時期で、特に日本では、クリスマスにお正月、誕生日プレゼントに時々はお土産も、ある種のプレゼントでもある、ということを考えると、日本というのはプレゼントが多い文化を持っているよねぇ。特にプレゼントということで考えてみると、クリスマスがなぜよろこばしいのか、という意味を考えると、人間への最大のプレゼントは、実は、神の御子が、神であるにもかかわらず、この地に自分自身をプレゼントとしてやってきたことなのではないでしょうか。それを、キリスト者として、この東方からこの三人がわざわざやってきて、神に対して捧げるもの、あるいは、神の御子、王へのプレゼントを持ってきたことを覚えるエピファニーに際して、どう考えたらよいのでしょうか、という問いかけがなされました。

         

        人間が神に捧げることができるもの

        神がご自身を人間に与えたもうたことに対して、私たちは、何をしたらよいのか、ということを考えてみると、我々は、すべてのものを神から受けているにすぎないものである以上、人間が神に何か返すことはできないですし…ということはあるのではないでしょうか、という問いかけがさらにありました。

         

        そうはいっても、この時期は、年初なので、これからの一年を考えるというのを、日本でもよく行うようであるし、多くの文化でするけど、その時に去年と何がどう違うか、去年より生き方を少しちょっと変えてみる、を考えてみるのはいいかもしれない、ということを考えるときに、エピファニーでもあるので、東方のMagiが何かをささげたように、人間がどのように神に何かをささげうるとしたら、何か、ということを考えてほしいのですし、そして、おそらく、人間が唯一神に差し出すことができるものがあるとすれば、神の愛にこたえて、神を愛することがまず第一義的にあるでしょう、そして、これから1年の間に出会う人々、それはとりもなおさず、私たちの隣人である存在である人々に自分自身の存在を差し出すことしかないんじゃないでしょうか、という問いかけで、説教がまとめられました。

         

        説教を聞きながらの黙想

        説教を聞きながら、思っていたのは、次のようなローマ人への手紙の箇所でした。ローマ人の手紙には、確かに次のようにあります。

         

        【口語訳聖書】ローマ人への手紙 12章 1節
        兄弟たちよ。そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、生きた、聖なる供え物としてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。

         

        それとともに、また、

         

        【口語訳聖書】コリント人への第一の手紙 13章 2節から3節

        たといまた、わたしに預言をする力があり、あらゆる奥義とあらゆる知識とに通じていても、また、山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい。 

        たといまた、わたしが自分の全財産を人に施しても、また、自分のからだを焼かれるために渡しても、もし愛がなければ、いっさいは無益である。 

         

        ということも、思い出していました。これを思う時、キリスト者として生きるということは、とりもなおさず、神に対する愛に動機づけられて生きる古都であるということを思いめぐらせていました。つまり、他者から評価を受けるようなことをなすことでもなく、神を愛すること、神とともに生きることが神に対する礼拝であると同時に、旧約聖書の律法と預言者が(旧約聖書の全体)この二つにかかっていると、イエスが言ったことも思い出していました。

         

        【口語訳聖書】マタイによる福音書 22章 35節

        そして彼らの中のひとりの律法学者が、イエスをためそうとして質問した、 

        「先生、律法の中で、どのいましめがいちばん大切なのですか」。 

        イエスは言われた、「『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。 

        これがいちばん大切な、第一のいましめである。 

        第二もこれと同様である、『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。 

        これらの二つのいましめに、律法全体と預言者とが、かかっている」。 

         

        これらの言葉を、説教を聞きながら思い巡らし、この一年、どんな場面で神の愛をみることになるのだろうか、そして、どんな人々と出会い、どんな人々の隣人になり、その中で、神の愛をどのように示すことになるように導かれていくのだろうか、そして、それが、旧約聖書全体をかけて、神が私たちに示そうとしたことだし、そのことが神がこの地に命がけで来て、人類にとってこれ異常ないプレゼントであることを示し、神がこの地での命をいきるなかで、その神の愛を、神の愛の全体がこの地に突き抜けて神の御座、すなわち神が支配をなしておられる場所からこの地にやってきた、ということについて、その極みまでを示したことについて、個人的には、エピファニーの礼拝と聖餐式が終わって、帰る道すがら、思いをめぐらしていました。

         

        余談

        アメリカの映画などを見ていると、この3人の王を明らかに題材にしたと思えるタイトルの映画なんかもあります。それと、クリスマス、キャロルで出てくる3つのクリスマスのゴースト(過去のゴースト、将来のゴースト、現在のゴーストも、おそらくは、この3人の東方の博士なのか、王なのかのパロディになっているのかも知れないかもなぁ、それぞれが、エベネザー・スクルージにもたらしたものがなんだったかと対応しているのかも、とか礼拝からの帰り道、色々妄想しておりました。

         

         

         

         

         

        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        ブクログ
        G
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM